So-net無料ブログ作成
検索選択

『戦場の絆』どうせなら、ルウム戦役からやってみても良かったと思う [戦場の絆]

というわけで、イベント戦にぼちぼちと。
毎日は無理なので、NY辺りからの参戦です。


ほぼ毎回タンク編成になるのは、
勝ちを狙いに行っているためなのでしょう。

敵味方双方に漂う、そこはかとないピリついた緊張感が心地良いです。

なんと素晴らしいクジ引き効果。



さて、先日の砂漠に連邦で出た時のこと。

6対6のタンク編成で、2戦連続でスナイパーから
カーソルを動かさない大佐とマッチしました。

・・・と書くと、だいたいが「とんでもないヤツがいるものだ!」
というオチに繋がるのですが、この人は違ってました。

上手いんですよ、非常に!

普通、「護衛2アンチ3」とか「護衛3アンチ2」とかに
分かれるのが当然だと思うんですよ、私の頭の中では。

しかし、このスナイパー大佐は状況判断が絶妙で、
味方護衛が圧され気味の時には、遠方から援護し、
味方アンチが不利な時には、その援護&敵タンク牽制。

なので、印象としては「護衛2.5アンチ2.5」な感じ。

おかげで前衛としては、やたらと戦い易くて、
枚数の有利不利を意識しないで済みました。

これぞ「ザ・支援機」。

もちろん命中率も高く、
目の前でジュビジュビと焼かれていったドムトロが哀れ。南無。

1戦目にスナII、2戦目に旧スナと選び分けてる辺りもさすが。

ちなみにスコアも撃墜数も、そのスナイパー大佐がトップ(2戦とも)。

乗る人が乗った時のスナイパーのポテンシャルの高さを思い知りました。

しかしまあ、なぜああいう腕前の人がAクラスにいるのか、
少々疑問ではありますけど。

タグ:戦場の絆

共通テーマ:ゲーム