So-net無料ブログ作成
検索選択

『ゴジラ』第一作目を観る [映画]

先日、第一作目の『ゴジラ』を久しぶりに観ました。


忘れていたシーンや、他作品と混同していたシーンもあり、
ちょっと新鮮な気分になりました。


この映画については、その道の権威の方々が語り尽くしているので、
改めて書くことは無いのですが・・・。

やっぱり傑作ですな!

特に公開当時の時代背景が作品中に色濃く反映されていて、
リアル感ありすぎ。

荒唐無稽なはずの怪獣が、「いてもおかしくない世界」なんですね。


そして、子供目線で観ていた頃には、
どうしてもゴジラそのものへ目が行ってましたが、
人間のドラマにこそ、この映画の本質がありました。

人が死ぬシーンも頻繁にありますし、
決してハッピーエンドではない終わり方も含め、
いわゆる「怪獣映画」とは一線を画してましたね。

どちらかと言えば、反戦映画に近い立ち位置かな、と。


しかしまあ、後々この作品の続編がたくさん作られ、
キングギドラとかメカゴジラとかが出てくるとは、
当時の観客は想像さえしなかったでしょうね。