So-net無料ブログ作成

ようやく『アバター』を観る [映画]

先日、ようやく『アバター』を観ることができました。


公開から結構経ちましたが、それでもそれなりに混んでましたね。


まずはチケット販売窓口で、噂の3Dメガネを受け取ります。

むう・・・このメガネのために、チケット代にプラス300円か・・・。

高いと思うか、相応と思うか。

それは映画本編を観てから決めることにします。


で、3Dメガネをかけて、いざ鑑賞。

・・・と思ったら、私は普段からメガネをかけているので、
このメガネの上から、さらに3Dメガネをかけなきゃいけません。

重さ云々は問題無いのですが、かけ辛くて仕方ないですね、これ。

良好な位置に、うまくピタッと固定できないんです。

ちょっと頭を動かすとズルッとずれてきて、
序盤はなかなか映画に集中できませんでした・・・orz

コンタクトにしろ、ってことですかね、こりゃ。


さてさて、映画本編。

良く言えば王道路線で、安心して観られます。

観客が感情移入しやすく、誰が「悪」なのかを明確にしていますし。

悪く言えば、意外性とかドンデン返しが無く、予定調和かな、と。


たぶん、この映画はストーリーとかテーマとか、
そのへんを深く考えて観るタイプではなく、
創り上げられた世界観を鑑賞して楽しむ映画じゃないですかね。

未開の星のジャングルで暮らし、自然と共に生きる人々や、
そこに生息する原始的なクリーチャー、それらに対して、
超ハイテクで無機質な地球側の施設や装備や人々、
そのへんのコントラストを観て楽しみましょう、と。

なんとなくですが、『風の谷のナウシカ』に通底するものもあるかな。


ただ、約3時間の上映時間は、さすがに長かったですね。

もうちょっと短くできなかったかな・・・。


共通テーマ:映画