So-net無料ブログ作成
検索選択

乙女企画クロジ☆第9回公演『エンガワノクラゲ』 [演劇]

本日、千秋楽に行ってきました。


相変わらず場内は満員。

階段にも席が用意され、そこも満席。

クロジ人気、凄いな。


さて、今回も前回の『きんとと』同様、
森悠さん脚本ということで、少し重めの内容。

『きんとと』とベクトルは違いつつも、やっぱり
人間の血を吐くような愛憎は描かれていました。

ただ、ラストに救いがあったので、それは良かったですね。


今回、観ていて思ったのは、
「自分の居場所があるって、とても幸せだな」ということ。

そして、「家族で食事をするって、とても大事なこと」。

自分の居場所や、自分の存在を認めてくれる存在、
そういうものがあることは、人が生きていく上で欠かせないな
・・・ってなことを考えちゃいました。


あと、いつも舞台を観に行くと思う、素人丸出しの感想なんですが、
やっぱり役者さんってスゲーな、と。

特にラスト、能登麻美子さん演じる多美が、
思いの丈をガーッと一気に吐露するシーン。

それまでずっと本音を出すことが無かっただけに、
このシーンはホント、ぐっときました。

能登さんのホンワカしたイメージが
良い意味で崩された感じですね。

いや、すごい。


さて、千秋楽は最後に役者紹介があるので、
それが楽しみではあるんですが、難点が一つ。

パンフレットが売り切れていて、買えないんですね。

これは痛い。

都合で最終日にしか行けない場合、こういうことも覚悟が必要かな・・・。


さてさて、区切りとなる次の第10回公演は、来春ですか。

私は「クロジの舞台にハズレ無し」と思っているので、
そちらにもぜひ期待したいと思います。


共通テーマ:演劇