So-net無料ブログ作成
検索選択

ウルトラセブン第8話『狙われた街』 [ドラマ&バラエティ]

待ってました、この放送。


傑作エピソードの一つとして誉れ高い『狙われた街』が
ようやくファミリー劇場で放送されました。

以前、『人志松本の○○な話』の「好きな話」で
松本さんもこのエピソードを紹介していましたね。


ボロアパートの一室で、ちゃぶ台を挟んで胡座で座る
諸星ダンとメトロン星人。

そのシュールな絵面が有名ですが、
今、改めて観てみると、それ以外の見所も満載ですね。


まず気付かされるのは、その撮り方。

役者に思いっきり寄って撮ったり、逆にぐんと引いて撮ったり、
役者の顔が暗くて分からないくらいの逆光で撮ったり、
手前に動かない物や人を置き、肝心の役者を画面の端っこにして撮ったり、
物と物との狭い隙間から撮ったり・・・。

とにかく変化球的なカメラワークが非常に目立ち、
そのおかげで、全編にわたって妙な緊張感が漂っています。

いやー、子供向けの番組の撮り方じゃないですね、これは。

ある種のアート性すら感じちゃいます。


あと、ダンを待つアンヌが立っているシーンで流れるラジオの野球中継。

宇宙人が潜んでいる、そのすぐそばには
普通の人々の普通の日常生活があるわけで、
その「日常感」が、この1シーン一発で見事に描かれています。

そのリアリティと、非日常とのコントラストが絶妙です。


ウルトラセブンの活躍シーンなんて、
実は無くても全然OKなくらい、
非常に完成度の高いサスペンス劇になっていると思いました。


共通テーマ:テレビ