So-net無料ブログ作成
検索選択

柔道のルール変更は影響あったのかな? [格闘技]

柔道世界選手権が始まりました。


世間的にはオリンピックほどの注目度は無いですが、
それでも現時点での世界トップクラスの選手が集まるので、
言うまでもなく、試合のレベルは非常に高い大会です。

しかし、私が契約しているスカパーのチャンネルでは放送していないので、
夜に地上波で放送されるダイジェスト版しか観られません。

ダイジェスト版だと日本人選手メインになるので、
他国の選手の試合をじっくり観られないんですよね。

ヨーロッパ勢のねちっこい寝技とか、観たかったな・・・。


さて、今大会の直前にルールの改変が行なわれたようで、
そのへんも微妙に影響出てる気がしないでもないです。

いわゆる「抱きつき技禁止」でしたか?

これは、襟と袖をしっかり持った“綺麗な柔道”をしましょう
という意図があるのかもしれませんね。

まあ、なんにせよ、日本人選手には有利なルールかな、と。

日本の柔道の場合、「しっかり持って技を掛けろ!」が
ある種の共通認識なので、急に足を持たれたり、
タックルで押し込まれたりするのは苦手ですよね。

そういう攻撃への対策を熱心にやっていたか否かは分かりませんが、
日本人選手が世界の舞台で負けた時は大概、
(日本の柔道の概念から見て)変則的な攻撃によるものが多かった印象です。


で、良いところをしっかり持てた時の日本人選手はやはり強く、
初日から男女で金メダル2個獲得。

出だしから好調ですね。


ただ、100キロ超級の鈴木選手は意外すぎる結果でした。

厳しい勝負事の世界に「たら、れば」を言っても仕方ないですが、
一回戦を無事に突破できていたら、そのまま波に乗れたかもしれません。

非常に残念です。


共通テーマ:スポーツ