So-net無料ブログ作成
検索選択

『七月の骨』吉田聡・著 [マンガ全般]

今週号に掲載された読み切り作品『七月の骨』。


久しぶりに吉田聡さんがスピリッツに登場です。

吉田聡さんといえば、もちろん『湘南爆走族』。

『湘爆』は、今でも自宅の本棚に並んでいる大好きな漫画です。

それから、『荒くれKNIGHT』や『ちょっとヨロシク!』、
スピリッツ掲載作では『てんねん』が好きでした。

あとは知人に紹介されて読んだ『純ブライド』で
「うーーーーーん・・・」と悩んだりした記憶もありますね。


で、今回の『七月の骨』。

おそらく、この作品の主人公・時田サトシは吉田さん自身であり、
本作は吉田さんの自伝的意味合いが強いのでしょう。

吉田さんの作品に出てくる若者たちは、
日常に何かしらの不満や鬱憤を抱いていて、
それが一気に爆発する瞬間が描かれることが多いのですが、
今作は全然違いましたね。

かなり落ち着いた雰囲気のする漫画でした。

自分の信じる道を突き進む、『湘爆』などで描かれた青春とは少し違い、
色々な人々と関わりながら、その中で自分が進むべき道を
「大丈夫かな、こっちで?」と、おっかなびっくり歩む主人公の姿が
非常に繊細かつ丁寧に描かれていました。

ドラマチックな山場も、人生を大きく左右する事件も、
本作にはありません。

しかし、一人の人間が自分の道を見つけて、
そこに踏み込んだ時のドキドキ感がありました。


道に迷った時には、もう一度読んでみたい作品ですね。


共通テーマ:コミック