So-net無料ブログ作成
検索選択

クロスオーバー作品、お好きですか? [ゲーム全般]

私は、子供の頃から“クロスオーバー作品”が好きです。
 

今では、“コラボ”と言うんでしょうかね。

言葉の新旧はともかく、「違う漫画やアニメのキャラが一堂に会する」
という一点に、えらく興奮するわけです。


古くは『マジンガーZ 対 デビルマン』。

「俺なら、マジンガーZを空から攻めるね」で有名な、この映画。

リアルタイムに劇場で観たわけではなく、
たしかテレビ放送だったと記憶しているんですが
この「対」の一文字に、子供だった私はドキドキワクワク。

「マジンガーとデビルマンが戦うの? どっちが強いんだろう?」
みたいな。

まあ、実際にはマジンガーとデビルマンは戦わないんですけどね。

でも、同じ画面内に別々の作品のヒーローがいるってだけで、
もう大満足なんです。


他にも『東映まんがまつり』でのクロスオーバー作品はたくさんありましたし、
それ以外では、豪華な藤子キャラ共演の『ドラ・Q・パーマン』なんかも
子供心を鷲掴みでしたね。


さて、前置きが長くなっちゃいましたが、このクロスオーバー作品。

今でも多くのアニメやゲームで行なわれていて、
その手の情報を見るたびに、歳甲斐もなくワクワクするわけです。

で、個人的にゲームのクロスオーバー作品の一番のお気に入りは
『ナムコ×カプコン』

もう5年以上前に発売されたシミュレーションRPG作品です。

ナムコとカプコンの往年のキャラクター達が集まり、
巨悪に立ち向かうストーリーなのですが、
その登場キャラクターの豪華さは驚きです。

特に古いゲーマー諸氏には感涙モノのキャラもたくさんいます。


国も時代も、種族さえも超えて、お馴染みのキャラクター達が
徐々に集結していく演出と遊び易いゲームシステムにハマり、
何周も繰り返し遊びました。

このブログ内でも、何回か記事にしたこともありますし、
今でも中古店に売らずに持っているゲームの一つです。


そして、ProductionI.Gが手がけたオープニングアニメは
古代祐三さんの素晴らしい曲と相まって、
このゲームの世界観を表現しきった絶品です。

これに登場しているキャラクターが全て分かるかたは、
相当なゲーマーだと思いますよ。



上下、左右、さらに奥行きまでも使った
スピード感と躍動感に溢れる素晴らしいオープニングですね。

ギルガメスとアーサー、ワルキューレとモリガン、リュウと風間仁が
一緒にいるだけでも充分にテンションが上がりませんか?

特に終盤、瀕死のキャラクター達が傷つきながらも立ち上がる辺り、
激燃えすぎて泣けてきます。


「続編出ないかなー」と願い続けているんですけど、
当時と今とでは状況が違うのか、ちょっと難しそうですよね。

残念。


共通テーマ:ゲーム