So-net無料ブログ作成

『MHP3』無双の狩人・対ジンオウガ [MHP3]

集会浴場の緊急クエスト『無双の狩人』へ。
 

早くもジンオウガ登場です。

『ざわめく森』でボッコボコにやられて以来、
本格対決はまだまだ先になると思っていただけに、
こんなに早くリベンジのチャンスが来るとは意外でした。

勝てるのか? (´□`;)

いや、そもそも今の装備で戦えるのか?


今回は村クエではないので、カミさんとのコンビで挑むことになり、
やや心強い反面、攻略のための情報などは一切仕入れていないため、
全くの手探り状態で討伐することになります。

ハンターとして燃える部分と不安な部分とが、半分々々って感じですね。


ただ、一つだけ光明もありました。

以前、カミさんが『ざわめく森』でジンオウガに出会った時に
落とし物を拾っていて、それによりジンオウガ装備が武具屋に並び始めました。

もちろんジンオウガ装備を作れるわけではないのですが、
そのジンオウガ装備の性能だけは見ることができ、
おおまかな弱点属性を知ることができました。

まず、氷。

次に、水、火の順で弱いようです。


・・・と、ここまで判明したのは良いのですが、
氷属性を持つガンランスを持っていないことに気付き、愕然。

仕方ないので、雷耐性の強い防具を着用し、
できるだけダメージをカットする方向でいくことにしました。

私はボロスシリーズ、カミさんはネブラシリーズ。

どちらも雷耐性は低くないので、それなりに戦える・・・はず。


指定地は孤島(夜)。

で、さっそくジンオウガと対峙。

初めて遭った時に比べると、それほど大きな印象は無いですが、
それでもクルペッコやギギネブラなどに比べれば、充分に巨大です。

しかも、その巨体でありながら動きが速い!

正直、何をやってくるのか、その予備動作なども把握できておらず、
大半がガード、時おり単発で反撃、そんな戦いになりました。

ただ、罠にはハマってくれるので、持参した調合分も含めフル活用。

大タル爆弾Gも大量に使い、その火力に望みを懸けます。

まあ、罠の拘束時間、かなり短いですけれど・・・('A`)


罠に関しては、気がかりなことが一つ。

ジンオウガの背中がパリパリと帯電している時、
(これが怒り時のものなのか、常態的なものなのかは不明ですが)
シビレ罠が破壊されてしまいました。

これにより、使用できたはずの罠が減り、後半は完全な肉弾戦。


左右の前足での踏みつぶし攻撃の後、後ろから突き数発。

バク転で尻尾を叩き付けてきた直後に、突き数発。

電気をチャージするような動きを始めたら、放電に気をつけながら突き数発。

こんな感じでチクチクと攻撃を重ね、角と尻尾は破壊に成功。

足を引きずり始めたので、温存していた罠を使って捕獲完了!

初ジンオウガ.jpg


その後、何度かジンオウガと戦ってみましたが、
まだヤツの攻撃の予備動作が見極められません。

緩慢な動きから、いきなりガバッと襲いかかって来るので、
隙だと思って手を出して、逆にカウンターを喰らうことが多いです。

もうちょっと戦ってみないと、こればかりは慣れませんね。


共通テーマ:ゲーム