So-net無料ブログ作成
検索選択

『MHP3』獄炎に座す、覇たる者・対アカムトルム [MHP3]

集会浴場『獄炎に座す、覇たる者』へ行ってきました。
 

『MHP2G』では、ガンランスとの相性が悪くなかったアカムトルム討伐です。

なので、「まあ、多少の強化はされてそうだけど、ガンスなら問題無いでしょ」
と気分的には楽勝ムード。

が、しかし。

やってみたら、えらい目に遭いました!


基本的には前作のアカムトルムと変わらないのですが、
何と言うか、細かい所が非常に面倒くさくなっていました。

まず、ペイントボールを当てても、潜られるとマーカーが消えるので
突き上げてくる正確な位置が分かりづらく、
背後から突き上げられ、ガードできずにモロに喰らうケースもありました。

吹き出してくるマグマや、地形ダメージゾーンが多いので、
常に自分の立ち位置を確認しながらの戦いになる。

背後から攻撃していても、振り返りながらの噛み付きがあるので、
手数を稼げない。

なぎ払うソニックブラストの範囲、広すぎ('A`)

・・・といったところでしょうか。


ある程度はスキルで解消できますが、部位破壊も危険を伴うようになったので、
以前のように楽勝できなくなりましたね (´・ω・`)

振り向き噛み付きを警戒しつつ、後ろ足に前方突き&ガード突きをメインに、
ダウンしたら尻尾・牙を狙いにいく戦法が堅実でした。

ただ、時間が掛かりますね・・・。

アカムトシリーズ一式を作るのは、なかなか骨の折れる仕事になりそうです。


共通テーマ:ゲーム