So-net無料ブログ作成

『アイマス』第23話「私」 [アイドルマスター]

感想を少しだけ。


ラストスパートに入った第23話。

第20話でも同様の印象を持ったのですが、
2クール目に入ってからのアニマスは
かなりシリアスなエピソードが増えましたね。

中でも、今回はかなりの衝撃でした。


視聴者目線で観ていて胸が痛くなったのは、
765プロの面々にも、もちろん春香自身にも
何一つ悪い点が無いこと。

春香はただ、765プロのアイドルたちと一緒に
楽しくレッスンをしたり、番組を作ったりしながら
トップアイドルを目指したかっただけだと思うのですが、
今や押しも押されぬ人気アイドルだらけとなった状況では
それすらも許されなくなっています。

春香が抱いていた「アイドルのイメージ」と「現実」とのギャップ。

その間で苦しみ、悩む姿が、もう切なくて堪らなかったです。


そして、さらに追い打ちをかけるように、ラストの事件に繋がってしまいます。

これはもう、かなりの衝撃。

自分の身体を傷つける以上に、この事故はキツいですね。

いつもの明るいアニマスからは考えられないような重いエンディング。

観終わった後、しばらく言葉が出てこなかったです。


個人的には、ここでキー・パーソンとなるのは千早だと思っています。

彼女は第20話において、春香に救われています。

結果的には765プロ全員の絆で、千早の持つ大きなトラウマを克服しましたが、
その切っ掛けは春香でした。

ですから、今度は千早が春香を救う番だと思いますし、
そうあってほしいと願っています。

海外でのレコーディングの予定を変えてまで
春香のそばにいようと言い出した千早。

以前の彼女ならば、自分の仕事を最優先で考え、
とても春香のことを思いやることは無かったでしょう。
(千早が悪いという意味ではないです)

しかし、今では他人を思いやる心の余裕が生まれ、
非常に良い笑顔ができるようになりました。

ですから、今度は千早が春香を救ってほしい。

そう強く思います。


さて、もうあと2話しかありません。

「人間」と「ドラマ」を非常に丁寧に、誠実に描いているアニマス。

この最悪の状況をどう巻き返していくのか、
これは期待せずにはいられません。


共通テーマ:アニメ