So-net無料ブログ作成

『ガンダムビルドファイターズ』最終回を迎えて [アニメ全般]

ついに『ガンダムビルドファイターズ』が終わってしまいました。
 

毎週の放送が楽しみで仕方ない作品だったので、
終わってしまうことが本当に残念で堪りませんでした。

放送前、ネット界隈では否定的な意見も散見されていましたが
いざ放送が始まるや、そんな空気はどこへやら。

面白い!」という意見がどんどん多くなっていった印象があります。

事実、面白くないエピソードが一回も無かったことに
個人的には大きな驚きがありました。


方法論としてのスポ根作品にも通じる王道的展開。

趣向を凝らした、熱いガンプラバトル。

各ガンダム作品を観たファンなら気付くであろうネタの数々。

少年たち(セイやレイジ、見方によってはマオやニルスも)の成長。

それらが非常に上手いバランスでまとまり、
実に面白く、そして新しいガンダム作品になったと思います。

「人の革新とは」とか「戦争に巻き込まれた人々の悲哀」といった
重いテーマを持った従来のガンダム作品も素晴らしいのですが、
たまには「明るく、楽しく、人が死なない、清々しいガンダム」が
あっても良いのではないでしょうか。

何より、制作スタッフが明確にそれを目指して作っているという熱意と
ガンダムやガンプラへの愛情がひしひしと感じられ、
観る側も真剣に観なければならない気持ちになりました。


最後に。

この作品を観ると、無性にガンプラを作りたくなってしまい、
ワクワクするやら、困ってしまうやら。

そして、ずっと昔、再放送の「ファースト」を観た後、
お小遣いを握りしめて、玩具店や模型店へ走って行った子供の頃を
思い出し、なんだかノスタルジックな気分にもなりましたね。

あの頃は、「表面処理の甘さが云々」とか「合わせ目が云々」なんて考えず、
ただガンプラを作るのが楽しかったなぁ、と。

ガンプラに限らず、プラモデル作りはもっと自由で良いんだな。

それに気付かせてくれたのも『ビルドファイターズ』でしたね。


もし、二期があるのなら、ぜひ期待したいと思います。


共通テーマ:アニメ