So-net無料ブログ作成

宮川彬良Presents 宇宙戦艦ヤマト2199 Concert2015 [アニメ全般]

行ってきました『宇宙戦艦ヤマト2199 Concert2015』!


前回の『大式典2012』は都合がつかず、行けなかったので、
今回はチケットを取る段階から気合いが入っていました。


当日、アウェー感のあり過ぎるイクスピアリを抜け、
舞浜アンフィシアターへ。

会場内は黒を基調とした、かなりシックな印象。

大人のコンサートには打ってつけですね。


森雪と山本玲のコスプレをした女性達から注意事項が告げられ、
いよいよ公演開始となりました。


銀河航路BG」から始まり、「無限に広がる大宇宙」へ。

Yuccaさんの透明感のあるスキャットがヤバい・・・!

冒頭から『ヤマト』の世界へ没入していく感覚を味わいます。

もうすでに、このへんから涙腺の波動防壁が臨界寸前 ( ;∀;)


永遠に讃えよ我が光」では、東京混声合唱団による
重厚なコーラスが入り、思わず「ガーレ、ガミロン!」と叫びたくなる衝動に。
(もちろん、叫びませんでしたが)


どんどん曲は進み、あっという間に第1部「追憶の航海編」は終了。

20分の休憩を挟み、第2部「星巡る方舟編」開始。

ああ、もう半分も終わっちゃったのか、と残念な気分です。


映像無しで、あらためて「蛮族襲来」を聴くと、
実にカッコいい曲であることに気付かされます。

これほどまでにガトランティスの獰猛さが表現されているとは!

『さらば』の白色彗星帝国の知性を感じる硬質さとは全く違う
新しいガトランティスのイメージにピッタリですね。


ジレルの囁き」は、14話でも使用された、怪しさ満載の曲。

これを生で聴けるとは、かなり貴重な経験です。

実際、橋本一子さんの囁きが何語なのか、未だに分かりません。

第2部ラストは「わかれ」から「Great Harmony」へ。

映画のラストと同じ流れですね。

それはそうと、「Great Harmony」の最中、スクリーンに
沖田艦長の最期のシーンを映すのは反則だと思います。

あんなの観たら、泣いちゃうでしょ!(´;ω;`)


さて、第2部もあっという間に終わってしまい、
鳴り止まない拍手の中、アンコールへ。

ここで初めて宮川さんがマイクを取り、少しトークが入ります。

軽妙で楽しい内容のトークでありながら、
今回のコンサートへかける意気込みや
参加したメンバーへの気遣いを忘れない言葉の数々。

そして、アンコールは宮川さん曰く「大カラオケ大会」!

真っ赤なスカーフ
銀河航路
宇宙戦艦ヤマト
と続きます。

会場内のお客さんも全員参加しての大合唱です。

こういうの、良いですなー。

と、これで終わりかと思いきや、まだまだ鳴り止まない拍手。

そこでもう一度「宇宙戦艦ヤマト」を大合唱して、本当の終演となりました。


終わってみての感想はもう、ただ、ただ、

最高でした

としか、言いようがありません。


ヤマトの曲が素晴らしいのは、それを聴けば、
どのシーンで使われたのかが、すぐ頭に浮かんでくること。

そして、その多くが40年も前に作られた曲なのに、
今の映像に合わせても、全く違和感が無いこと。

作画、演出、シナリオ、そして音楽。

それらが一体となって、高いレベルで完成したから
『ヤマト』は歴史的な作品になったんだなぁ、と再認識しました。

宮川さんのいう「総合芸術」は、まさに至言です。


もしかしたら、今度は交響組曲でのコンサートがあるかもしれません。

その時はもちろん行こうと、今から決めています。


共通テーマ:アニメ