So-net無料ブログ作成

上へ、上へ!『アイアムアヒーロー』第240話 [アイアムアヒーロー]

【ネタバレ注意!】本記事はネタバレを含みます。本編を未読の方はご注意下さい!


スコープ越しに英雄と目が合ったZQN。

かつて久喜市で来栖一派だった“彼女 兼 彼”ですね。

この人、直接的な描写は無かったはずですが、
小田さんの身の上話の内容から、彼女の妹なのではないか、と。

そう考えると、他のZQNたちが高速道路の上を目指す中、
彼女だけが英雄に気付いているのも分かる気がします。

感染”し、“一つになった”ことで、
姉しか知らなかった英雄という存在を“共有”できるようになり、
また、自身も感染の疑いがある英雄の位置を
確実に察知できたのではないでしょうか。


で、その彼女が英雄の方へ向かってきました。

明らかに他のZQNとは別行動です。

他のZQNからすれば、赤の他人の英雄でも、
彼女からすれば、見知った男であるわけですね。

慌てた英雄は、建設中の大きな建物の中へ。

幸い、作業員型ZQNはおらず、上手くやり過ごせるかと思ったら・・・!

なんと、柵を一気にジャンプで飛び越えて来ました!

身体能力、高いなー!!

英雄は物音を立てていないはずなので、
やはり明らかにこちらの位置を分かっていますね。


そして、英雄の発砲音とZQNの着地の衝撃音が引き金となり、
他のZQNたちまで招き寄せることに!

動揺しまくる英雄は、銃への装填をミスり、
どんどん建物の奥へ逃げます。

今度はきちんと装填でき、狙い撃ちますが・・・
・・・これも当たりません!

英雄の言葉によれば、障害物の多い場所では一発弾は不利のようです。

たしかに散弾の方が有利なのでしょうが、
そのこと以外にも、英雄自身の焦り・動揺、
慣れない他人の銃であることなども命中しない要因かもしれません。

やがて、ゾロゾロと他のZQNたちも集まってきました。

いわゆる「絶体絶命」の状態。

王道的「引き」となりました。

次回、誰か新たなヒーローが現われるのか、
英雄自身の力で切り抜けるのか・・・!?

【追記】
第241話の記事はこちら


共通テーマ:コミック