So-net無料ブログ作成
検索選択

まるで招かれているかのように『アイアムアヒーロー』第241話 [アイアムアヒーロー]

【ネタバレ注意!】本記事はネタバレを含みます。本編を未読の方はご注意下さい!


建設中のビルに逃げ込んだ英雄。

しかし、続々と集まってくるZQNは階段を整然と上ってきます。

その先頭は久喜市から来た、例の性同一性障害(らしい)ZQN。

一方の迎え撃つ英雄は、逃げつつも応戦の準備は怠りません。

このへん、アウトレットモールの英雄とダブる感じ。

怖がりだった英雄が一旦、肚を括ると驚くほどの対応力を見せますね。
(公開中の映画でも、クライマックスの英雄は素晴らしい活躍を見せてくれます)

なんせ「来いっ!!」ですからね。

あの英雄が。

気持ちで負けてません。


が、しかし。

このZQN、かなり手強いです。

明らかに手錠だけを狙わせ、頭への命中は避けています。

英雄の気迫を利用したかのような、緻密で周到な手管。

どう見ても、考えてやってるでしょ、これ?

頭が切れて、おまけに身体能力も高い。

これはヤバい。


再び逃げ始める英雄。

さすがに足を止めて、装填、射撃などとやっている隙はありません。

逃げ回ることしか出来ません。

そして、持ち前の弱気が頭を持ち上げてきます。


すると、唐突に英雄が昔に見た風景に迷い込みました。

霞がかかったような、かつて見た風景に次々と入り込んだ英雄は、
懐かしさを覚えつつ、ちょっとだけ和んじゃってます。

が、それも途中まで。

次第に自分が見たことの無い場所にまで迷い込みます。

英雄の記憶に無い場所。

これは誰が見せているのか?

いや、誰が見た記憶なのか?


と、次の瞬間。

とうとう英雄はビルの屋上まで来てしまいました。

遠くに見えるのは、新宿副都心。

隣に見えるのは、サンライズビルでしょうか。

あと一歩で中田隊長たちに会えるのに・・・!


迫り来るZQNの大群から逃げるため、
細い鉄骨の上を英雄は諦めずに駆け出します。

まだまだ、彼の心は折れていないようです。

しかし、状況は絶望的。

そろそろ何らかの“救いの手”が欲しいところ。

それは、次回に期待できる・・・のか?


さて、いよいよ次回で5号連続カラーは終了ですね。

【追記】
第242話の記事はこちら


共通テーマ:コミック