So-net無料ブログ作成

『ドラゴンクエスト・ライブスペクタクルツアー』行ってきました! [演劇]

【ネタバレ注意!】本記事はネタバレを含みます。公演を未見の方はご注意下さい!
 

行ってきました、さいたま公演!ヽ(*´∀`)ノ

ちょっと遠かったですけど、少しでも早く見たい欲求には勝てず、
足を延ばして、さいたまスーパーアリーナまで行ってきました。


会場の入り口では、麒麟の川島さんが何かの番組のリポート収録中。

『アメトーク』でドラクエ芸人として出演した縁でしょうか。

芸人さんを生で見たことで、さらに上がる私のテンション!


しかし、平日の昼間ということもあってか、
お客さんの入りは、多く見積もっても“8割”程度。

ちょっと寂しいですが、さすがにチケット高いしなぁ・・・(;´∀`)

プロレスなんかだと、席のランクごとにチケット代が4、5段階あるんですが
ドラクエは2種類ですから、「高いのにするか、安いのにするか」しか
選択肢がありません。

安いって言っても7500円ですけど。


さて、いよいよ公演開始。

まずはトルネコが中心となって、物販の宣伝も兼ねつつ、
場内での注意事項などを面白おかしく説明してくれます。

「場を暖める」ってやつですね。


ストーリーは基本的に『3』準拠。

しかし、他の作品世界から集まったキャラと一緒に
冒険に出るという、アレンジが少し施されています。

また、ゲスト的にクリフト・マーニャ・ミネア・ビアンカ・フローラ
といった、ファンには嬉しいキャラも出てきます!( ^ω^ )


戦闘シーンでは、趣向を凝らした着ぐるみモンスターと
プロジェクションマッピングの合わせ技で、迫力のある見せ方。

ただ、座っている座席によって「見え易い、見えにくい」が
起きてしまうので、こればかりは運としか言えません。

私が座っていた席は、ラストのゾーマ戦がちょーっと見辛かったかな。


また、細かい所まで見ていると、ステージの端から端まで、
色々なキャラクターが動き回っていて、それらを見つけるのも楽しいです。

ポールダンサーさんが華麗に舞っていたり、
モンスターがお客さんにちょっかい出したり。


そして、このイベントは「観客参加型」という面白さもあります。

トルネコやパノンがお客さんを楽しくイジってくれるので
そのやり取りを他のお客さんが見ていて笑いが起きたりします。

そして、全観客が一致協力するシーンもあり、これが実に熱い!
(こればかりは盛大なネタバレになるので伏せます)


他にも、ドラクエをプレイした経験のある方だったら
思わずニヤリとしてしまう仕掛けもあるので、
最後までずっと楽しめるはずです。


「ドラクエを舞台で演じる」という難しいテーマに
正面から挑み、子供から大人まで楽しめるエンターテインメントに
昇華したこのイベントは本当に素晴らしかったです (´∀`)

未見の方はぜひ。

個人的には、もう一回行っても良いかなと思います。


共通テーマ:演劇