So-net無料ブログ作成
検索選択

突然のカウントダウン『アイアムアヒーロー』第258話 [アイアムアヒーロー]

【ネタバレ注意!】本記事はネタバレを含みます。本編を未読の方はご注意下さい!


ようやく連載再開です。

休載は約2ヶ月ほどでしたか。

いやー・・・長かった。


さっそく、巻頭のカラーページに目をやると・・・。

残り七回で
至、完結!

!?

残り七回!?

あとたったの七回で終わる!?

「七」の後ろに「0」が二つ三つ隠れているかと思い、
探してみましたが、間違いなく「七回」ですね。

池袋編だけでも、まだまだ一年くらい掛かるかと思っていたのに、
あと残り七回でスペインのアレとか、イタリアのナニとか、
そのへんの謎は解明されるのでしょうか??


さて、驚きのあまり、本編の内容が頭に入ってきそうにありませんが。

今回の一番重要なシーンは、やはりクルスの本体(正体?)が
登場したところでしょうか。

彼が最初のクルスなのかな?

スコップのクルスが言う「絶望状態の人間」は覚醒し、
逆に、いわゆる「リア充」や「普通の人」はZQN化する
・・・ということらしいですね。

となると、家庭環境も複雑で、学校でいじめにも遭っていた比呂美や
漫画家としての道が閉ざされつつあった英雄が半感染状態になったことも
理屈としては通ります。

当然、世界中にはもっともっと多くのクルスがいるのでしょう。

で、クルスとして一体化した、中田隊の女性隊員の言葉が
この先の展開を暗示しているようです。

今後はこの半感染者たちが、生き残った人々を救い、
導いていく「ヒーロー」となるのか。


一方、乱戦模様となったサンライズビル屋上。

一人で奮戦していたおばちゃんですが、
ついに巨大ZQNに捕まり、握りつぶされてしまいました。

呆気ない最期でしたね・・・。

クルスとの格闘時に腿を負傷したので、あの時点で感染したとも考えられ、
どちらにせよ生還の可能性は少なかったとはいえ、本作の中では
数少ない良識のあるキャラだったおばちゃんの退場はなんとも寂しいです。


さて、苫米地が発進させようとしているヘリ。

子供が瀬戸の言い付けを守って苫米地を制止していますが、
ZQNはどんどん数を増し、ヘリに迫ってきています。

その集団の中には、中田隊長と瀬戸、まだ動いている(?)桐谷、
ずっと焼かれている浅田の姿も見えますね。

一番遅れた所には、城と感染した春樹。

城は、こんな姿になった春樹をまだ連れて行く気のようです。

不思議なことに、春樹は城に噛み付こうとしないこともあり、
それが春樹を諦めきれない理由なのかも。

そして、感染した春樹は追ってくるZQNを迎え撃つ構え。

これは城を守るためなのか、単に戦闘狂なのか。

このぶんでは城もそろそろ退場か?

【追記】
第259話の記事はこちら


共通テーマ:コミック