So-net無料ブログ作成
検索選択

ニューヒロイン爆誕!『アイアムアヒーロー』第259話 [アイアムアヒーロー]

【ネタバレ注意!】本記事はネタバレを含みます。本編を未読の方はご注意下さい!
 

ZQN化した春樹は、城の呼びかけに応じることはなく、
群がるZQNに一人で向かって行ってしまいます。

これは、城を守るために時間を稼ごうとしているのか?

それとも、生前にZQNを殺しまくった春樹の記憶が
自身がZQN化した今でも、このような行動をさせているのか?

で結局、この隙に城は春樹を置いて行ってしまいます。

当然と言えば当然なのですが、ドライですなー。


一方、英雄はというと。

凄まじい殺意を持った巨大ZQNに包囲されてしまいました。

「早狩比呂美」に似た何者かの溢れ出る殺意に囲まれ、
もはや英雄には為す術がありません。

しかし、その英雄を救おうとしているのも、やはり「早狩比呂美」でした。


「生きて」


この後、英雄は最後の一発を撃てたのか、どうなのか・・・。

それは誰に向けての一発だったのか・・・。

ドムッという音が、とても気になります。


さて、ようやくヘリに乗り込めた中田隊長と瀬戸。

子供の脅しでも、苫米地を制するだけの力はあったんですね。

飛び立つヘリ。

飛びつく城。

その足を掴むZQN桐谷。

生前はそう見えなかったのですが、桐谷もなかなか執念深い。

そして、釣られるようにどんどんヘリへと群がってくるZQNたち。

この辺りは、ゾンビ映画の王道的展開ですね。

斧で防戦する瀬戸ですが、あまりにもZQNの数が多い!

と、そこへ集合体となったクルスが!

あろうことか、ZQNたちを排除し、ヘリの離陸を援護しています。

そして、集合体の口(?)の中から、何者かの手が。

その手だけを見た中田隊長は、一瞬でそれがおばちゃんのものだと気付きます。

女性に対する洞察力の高さがスゲーな、中田コロリ。

で、瀬戸と子供の協力を得て、なんとかおばちゃんを引き上げることに成功。

流れで城、落下!

あっさり最期を迎えてしまいましたね。


まあ、それはともかく。

おばちゃん、生きてました。

いやー、良かった良かった。

・・・って、誰、これ???

瀬戸じゃなくても驚くでしょ、これは!

眼帯をしている点や着ているTシャツは、明らかにおばちゃんが身に付けていた物。

しかし、若返っている!!

しかも、美人っぽい!!

クルスの内部で、いったい何があったんだ!?


英雄が乗っていたクレーンは倒れ、結局、
彼と中田コロリは再会を果たすことがありませんでした。

英雄の生死もハッキリとは分かりません。

ヘリから見下ろすと、至る所に生き残った人間の痕跡が・・・。

まだ生きているのか、壊滅してしまったのか。

誰に届くとも思えない「タスケテ」や「SOS」の文字が
何とも言えない空しさを醸し出しています。


かくして中田隊長たちは伊豆へ。

物語はいよいよ最終章へ。

【追記】
第260話の記事はこちら