So-net無料ブログ作成
検索選択

孤独に生きる『アイアムアヒーロー』第261話 [アイアムアヒーロー]

【ネタバレ注意!】本記事はネタバレを含みます。本編を未読の方はご注意下さい!


1ページを使った、丁寧なインスタント焼きそばの作り方。

それを食べる英雄。

即席の焼きそばであっても、暖かい食べ物を美味そうに食べる様子は、
やはり人間くさく、リアルな“生”の描写に見えます。

そして、英雄の顔と独り言からは、悲壮な色は微塵も感じられず、
今が平和な時間であることが分かります。


では、なぜ、平和なのか?

それが彼の口から語られていきます。

聞き手は、新たな矢島的ポジションの“飛び出し坊や”。


中田隊長たちの脱出から、約半年。

ZQNたちは消え、巨大ZQNも活動停止。

食料も水も十分にあり、生きることに対しては何の心配もいらない。

AVを見る余裕すらある。

ZQNがいないので、武装も必要が無くなり、
今はただ食べて、寝ての繰り返しのようです。

言葉だけで見ると、まるで引きこもりですね。


そして英雄は巨大ZQNの足下へ。

その内部へ入ると、そこは鍾乳洞のようになっています。

壁面には目玉とか手足のような人の痕跡は無く、
ただ固まった岩のような状態となっていました。

これが、まだ“巣”としての機能を有しているのかは不明です。

しかし、ここは数多くの人々が吸収された場所、
岩のように見えても、かつては人だった物として、
英雄は“墓参り”みたいに線香を手向けることに決めているようですね。


今回のエピソードを見る限り、確かに英雄の周辺は平和になったようです。

しかし、それは孤独の裏返しでもありました。

人もいなければ、ZQNもいない。

かつて三谷さんが死の直前に言い残した
「生まれて初めて、生きてる感じがした」という言葉。

今の英雄には、その感覚が薄い気がします。

死ぬ要素が無いから、ただ生きてる。

そんな感じ。

人間以外の生物たちが生存している世界で、
鈴木英雄は誰にとってのヒーローになり得たのか、
それとも、これからなるのか?

物語は急速に終わりに向かっています。


【追記】
第262話の記事はこちら